神戸市中央区下山手通4-1-17丸中ビル203
ご予約・お問い合わせはこちら

営業時間:8:30〜20:30 休日:日曜・祝日

アトピーと砂糖

アトピーの人はとっちゃいけない? 砂糖って悪いの?

アトピー性皮膚炎の方にとって、砂糖は摂取することに気を使うべき第1の食品です。それは砂糖が、多くの方が想像している以上に、内臓に負担をかけるからです。  


☆  急激な血糖の上昇がすい臓に負担をかける


かゆみが出てイライラしたり、かゆみの後の虚脱感から食欲がないときなどに手軽に食べられるちょっとしたお菓子は、本当に便利ですよね。
 
ですが、この気軽に食べられるお菓子に含まれる砂糖が、半端なく多いんです。
 
そして、その大量に含まれる砂糖は、すべて体内に吸収され、栄養素として利用しようとします。
 
この時、大量に吸収された砂糖によって、血液中に含まれる糖分の量が増えることで、すい臓からインシュリンが分泌されます。
 
インシュリンはホルモンの一種で、上がりすぎた血糖の上昇を抑え糖分の吸収を促進させます。
 
こういった作用が、お菓子を気軽に食べるたびに繰り返されるわけです。
 
すい臓が、インシュリンを分泌する働きはとても負担のかかる作業で、すい臓を弱らせてしまいます 
 

☆ 膵臓が弱るとどうなる?


膵臓が弱ってしまうと、消化酵素が出にくくなってしまうため、消化吸収がうまく行われなくなってきます。
そうすると、肌の再生に必要な物質が取り込めなくなったり、消化吸収にパワーを使いすぎて、他の臓器にも負担をかけてしまいます。

 

☆ どうしても甘いモノが欲しくなったら?


でも、かゆみのイライラを鎮めるためにどうしても甘いモノが欲しくなる時ってありますよね。
そういう場合は、エリスリトールを使った食品を摂ると良いです。
 
エリスリトールは甘いんですが、砂糖のように血糖値を上昇させない糖分なんです。
血糖値の急激な上昇を避け、膵臓を健康に保つことで、アトピーは早く良くなっていきます。
 
 当院で弱った内臓から体を整えアトピーを良くしていきませんか?

神戸元町整骨院KUの場所

神戸元町整骨院KU

神戸市中央区下山手通4-1-17 丸中ビル203


電車でお越しの方へ

JR元町、阪神元町駅、東口より北へ約3分。1階のお好み焼「サンスポー」さんが目印です。


車でお越しの方へ

阪神高速京橋ICを下車し、「京橋」交差点をそのまま直進し「京町筋」交差点を左折してください。
大丸前の「元町通1」交差点を山側に右折し、そのまま北へ直進、左手歩道にお好み焼「サンスポー」さんがみえたらそのビルの2階です。


アトピー性皮膚炎の方のためのコラム