神戸市中央区下山手通4-1-17丸中ビル203
ご予約・お問い合わせはこちら

営業時間:8:30〜20:30 休日:日曜・祝日

アトピー性皮膚炎の改善報告集

症例1

患者


女の子 4歳
 
来院


2016年 2月
 
症状の特徴と経過


皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断。ステロイド剤は使わず、保湿剤だけ処方を受けていた。今までは、季節ごとに出たり、治ったりしていた。しかし今回は、出たままでひどくなるばかりで、夜中にカユミで何度も目を覚ますようになったので来院。母子ともに寝不足で終始イライラしてしまうようになり、心配になりご予約いただいた。
 
 
同時に治療した症状


とくになし。
 
 
治療の内容と経過


小腸の機能低下によるリンパ液のうっ滞、肝機能の低下他、内臓の機能低下が見られたため内臓マニピュレーションによって施術。
 
リンパの排液の向上と内臓の機能回復を狙った。 
 
 
1回目〜3回目までは、特に変化なし。
 
4回目、カユミでで夜中に目を覚ます回数が減った。この頃から見た目でわかるくらいに、赤みが減少してくる。
 
9回目、治療後、赤みが前のように出ては、また戻るというのを2〜3日繰り返していた。
 
14回目、見た目にハッキリとわかるくらいにカラダに全体に出ていた症状が減る。
 
以降、2週間に1回のペースに変更。
 
24回目、症状はほぼ落ち着いた状態で、末梢のヒジ、膝の裏部分に少し赤みが残る程度にまで回復。
 
現在も2〜3週間に1度のペースで来院。経過は良好。 
 
 
考察


アトピー性皮膚炎の主な原因は、内臓の機能低下にあるため、内臓の機能が回復してくれば症状が治まってくる。ただし、一朝一夕には回復しないため、相応の期間が必要となる。
 
治療ペースは、 1〜3ヶ月目で症状が落ち着くまで、週1回。
症状が落ち着いてからは、2〜3週間に1回に変更している。 
 
 
 

症例2

患者


女の子 0歳
 
来院


2016年 4月
 
症状の特徴と経過


発疹が全身、特にお腹と首に出たため皮膚科を受診。アトピー性皮膚炎と診断された。まだ小さいためステロイドは処方されず、保湿剤のみで様子を見ることに。しかし、あまり改善が見られない上に、自分の手で夜中にかきむしるようになり、泣きわめくようになったため、当院にご予約いただいた。
 
 
同時に治療した症状


特に無し
 
治療の内容と経過


全身の発疹がひどく、とくに初回来院時は、顔、首、お腹全体に発疹が出ている状態で、赤ちゃん自身もミトンをした手で顔をかきむしっていた。
 
2回目の来院時には、初回来院時より全体的に赤みが増し、一見症状が悪化したような感じになった。が、以前よりかきむしる動作が減ったことと、顔に出ていた発疹が減っていた。
 
3回目来院時、前回より赤みが減り、乾燥した状態に変化。
 
4回目以降、順調に全身の発疹が減り、夜中にかきむしることがなくなってきた。
 
10回目の受診時に、ほぼお腹の発疹がなくなり、ヒジ、ワキ、膝裏などの汗をかきやすく皮膚の弱いところに残るのみとなってきた。
以降、ある程度症状が改善したため、2〜3週間に1回に変更。
定期的にご来院いただいている。
 
考察


赤ちゃんのアトピーのため、お母さんがとても心配なさっていた。まだ、離乳食への以降が始まっていない段階での発症だったため、ご自分の食事の見直し等、苦労されていた。
便秘がちで、自力で便を出すことがまだ困難な感じであり、そのせいで体内の不要物を排泄できず、皮膚に影響が出たと考えられる。
そのため、まず内臓の調子を整え、今までよりたくさん水分の補給をすすめた。母乳はもちろん、それ以外にも水分を補給してもらうことの大切さをあらためて知った。大人はもちろん赤ちゃんも積極的に水分補給をしたほうがカラダにもよいようだ。
 
 
 

 

症例3

患者


女の子 5歳
 
来院


2016年 5月
 
症状の特徴と経過


2012年12月頃よりアトピーが出始める。ちょうどその頃、弟を出産。以降、ひどくなったり軽くなったりを繰り返していた。2016年4月頃から夜眠っているときにアトピーを痒がって夜中に起きるようになり、痒いのと眠いのとで泣きわめく毎日が続くようになり、当院へ来院された。
 
 
同時に治療した症状


特に無し
 
治療の内容と経過


全身の発疹がひどく、とくに初回来院時は、首、お腹全体、ヒジ、ヒザ裏に発疹が出ている状態で、昼間はそんなにかゆくないが、寝ているときにかゆみが襲ってくると言う状態。
 
2回目の来院時には、初回来院時にみられた夜のかきむしりがなくなったと、お母様が喜んでくださった。
 
3回目来院時、前回より赤みが減り、乾燥した状態に変化。
 
4回目以降、順調にヒザ裏の発疹が減り、夜中にかきむしることはなくなった。
 
14回目の受診時に、ほぼ膝裏の状態が、普通の状態に戻り、首やわきの下、お腹なども症状はない状態になった。
初回から14回目まで、週1回の施術。
以降、ほぼ症状が改善したため、2〜3週間に1回に変更。
現在も、定期的にご来院いただいている。
 
考察


弟ができた頃に発症し、その後さらに妹の出産もあり、かまってもらえない寂しさもアトピーの発症一因かもしれない。
お父様もお母様も当院で施術を受けられていたため、当院の施術方針をよくご理解いただいていたので、施術も順調に進んで大変良かった。
現在は、症状はほぼ改善した状態だが、定期的に来院いただき、観察を続けている。
アトピーの場合、症状が改善しても6ヶ月くらいは定期的に施術を行うほうが良いと考える。
 
 
 

症例4

患者


女性 12歳
 
来院


2017年 3月
 
症状の特徴と経過


2014年頃よりアトピーが出始める。首、肘、膝裏、内もものカユミがひどく、病院でもらったステロイドを使って治療をしていたが、やめるとひどくなり、またステロイドに頼るという状態が続いていた。
当院のホームページを見て、アトピーの整体での改善例があることを知り、ご来院いただいた。
 
 
同時に治療した症状


特に無し
 
治療の内容と経過


全体的に発疹がひどく、とくに初回来院時は、首、肘、ヒザ裏、内ももに発疹が出ている状態。部活で汗をかくと症状がひどくなってつらいとのこと。
ただ、部活動で体力を使うためお腹が減り、食事以外に甘いものをかなり摂取しているようだった。特にアイスクリームが好きだとのことで、控えてもらうようにしてもらった。
 
2回目の来院時は、特に変化は見られなかった。
 
3回目来院時、前回より赤みが減り、乾燥した状態に変化。
 
6回目以降、順調に肘周り、ヒザ裏の発疹が減り、カユミも楽になってきた。
 
回目の受診時に、首の皮膚の状態が、ほぼ普通の状態に戻り、他も症状がない状態になった。
初回から8回目まで、週1回の施術。
以降、ほぼ症状が改善したため、2〜3週間に1回に変更。
 
考察


甘いものの摂取が多すぎたことによる、内臓の機能低下が原因だと思われる。
特にアイスクリームは、常温のスイーツの3倍程度砂糖が含まれており、このため症状の悪化が進んだと思われる。
砂糖は、内臓、特にすい臓に影響を与える。このためリンパ液の流れが悪くなり、アトピーが悪化する要因になる。
アトピーの方は、くれぐれも砂糖の摂取を控えたほうがよいだろう。
 
 
 
 

症例5

患者


男性 38歳
 
来院


2017年 5月
 
症状の特徴と経過


2013年頃よりアトピーが出始める。最初は、お腹のあたりだけだった。子供の頃はアトピーではなく、大人になってからの発症。特にアレルギー体質でもなく過ごしてきた。
ちょうどその頃、子どもが通っているのサッカークラブでコーチをすることになった。以降、休みの日にサッカーのコーチをすることになり、あまり休める日がなくなってしまった。2016年頃からカユミがひどくなり、お腹だけでなく、背中、首、上胸部あたりにもアトピーが広がりだし、病院の薬でもなかなか改善しないため、当院へ来院された。
 
 
同時に治療した症状


特に無し
 
治療の内容と経過


全体的に発疹がひどく、とくに初回来院時は、首、お腹全体、背中全体に発疹が出ている状態で、昼間はそんなにかゆくないが、寝ているときにかゆみが襲ってくる感じ。
ただ、常に冷たい飲み物を飲んでいるとのことで、食事時にも氷を入れた水をガブガブ飲んでいるようなので、冷たい水を飲むことで、体内が冷えて不調が出ている旨を伝え、以降温かい飲み物を飲むように改善してもらった。
 
2回目の来院時は、特に変化は見られなかった。
 
3回目来院時、前回よりカユミが減り、乾燥した状態に変化。
 
4回目以降、順調にお腹の発疹が減り、カユミも楽になってきた。
 
回目の受診時に、首の皮膚の状態が、ほぼ普通の状態に戻り、お腹なども症状がない状態になった。
初回から6回目まで、週1回の施術。
以降、ほぼ症状が改善したため、2〜3週間に1回に変更。
 
考察


冷たい飲み物の常飲による体内の体温低下が、不調の原因だったと思われる。
この点の改善によって、症状が早く改善した。
 
 
 
 

神戸元町整骨院KUの場所

神戸元町整骨院KU

神戸市中央区下山手通4-1-17 丸中ビル203


電車でお越しの方へ

JR元町、阪神元町駅、東口より北へ約3分。1階のお好み焼「サンスポー」さんが目印です。


車でお越しの方へ

阪神高速京橋ICを下車し、「京橋」交差点をそのまま直進し「京町筋」交差点を左折してください。
大丸前の「元町通1」交差点を山側に右折し、そのまま北へ直進、左手歩道にお好み焼「サンスポー」さんがみえたらそのビルの2階です。


アトピー性皮膚炎の方のためのコラム