神戸市中央区下山手通4-1-17丸中ビル203
ご予約・お問い合わせはこちら

営業時間:8:30〜20:30 休日:日曜・祝日

なぜ?どこに行っても改善しなかったアトピー性皮膚炎
当院のアトピー整体で楽になるのか?

アトピー性皮膚炎のこんな悩みありませんか?

肌がジュクジュクで外に出られない

症状がひどく、夜も眠れない

汗をかくとかゆくて寝られない

脱ステによるリバウンドがつらい 

アトピー性皮膚炎を抱えて過ごす日々は、辛いですよね。
でも、もう大丈夫ですよ。あなたと同じアトピーに悩んでいた人が
当院の施術で改善されております。
まずは当院の施術を受けてアトピー性皮膚炎が改善された喜びの声をご覧ください。

【患者さんの喜びの声】

神戸市垂水区在住  花奈さん 6歳

娘6歳のアトピーの治療で通っています。
週1回の通院で、肘、膝の皮膚の炎症が数ヶ月で少しずつ良くなってきました。
膵臓が弱っていたり、免疫が弱っている原因が白砂糖(あまいもの)のとりすぎだと教えていただいたり、生活改善のアドバイスもとても嬉しいです。
 
娘の治療のついでに母も体のメンテナンスをしていただいてますが、めまいや肩こりがびっくりするほど良くなり、体が軽くなるので困った時の駆け込み寺になっています。
いつもありがとうございます!

加古川市在住  知代さん 7歳
        暉実さん 3歳

3歳の娘がアトピーを発症し食事療法や生活習慣等出来る限り見直し改善をしたのですが、効果があまりなく困り果てて柴垣先生に相談しました。
全身に症状が出ていて、日中も痒みが強く出ていたのですが、治療が進むに連れて赤みや発疹が落ち着いてきました。今年も乾燥時期に入り、少し肌荒れや痒み症状が出ていますが、以前のようにひどくならずに済んでいます。
ここまでステロイドの力を借りず良くなり、本当に感謝しています。
今も妹同様アトピー体質のお姉ちゃんや親である私も治療していただいております。
これからもよろしくお願いいたします。

いかがですか?
きっとあなたの症状もこの方たちと同じように改善に向かいますよ。
そのためにもまずは、あなたが苦しんでいる花粉症の症状について理解しておく必要があります。

◆ そもそもアトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: Atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は「特定されていない」「奇妙な」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos - a=否定、topos=由来)から由来し、1923年にアーサー・フェルナンデス・コカポーランド語版 とロバート・アンダーソン・クック英語版によって命名された。アトピー性エクゼマ(湿疹)(英語: Atopic eczema)とも呼ばれる。

原因
日本皮膚科学会ガイドラインでは、アトピー性皮膚炎は表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常を伴い、多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする湿疹・皮膚炎群の一疾患である。患者の多くはアトピー素因を持つ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アトピー性皮膚炎 から引用

 

 ☆ 病院やよくある整骨院での一般的な対処法としては


アトピー性皮膚炎で病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

・ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)外用剤の処方
・免疫抑制薬のタクロリムスを外用剤の処方
・抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬の処方
・保湿外用薬の処方

というようなものがあります。
ですがなかなかこれでは改善していないのが実情です。
 

☆ なぜ、あなたのアトピー性皮膚炎は改善しないのでしょうか?


なぜならアトピー性皮膚炎の本当の原因は内臓の機能低下によるアレルギー症状だからです。
免疫を担当する臓器、脾臓がうまく働かないことが大きな原因です。
それにともなって、肝臓や膵臓、腎臓と行った他の臓器も機能低下をおこし、正常な働きができなくなっているのです。
病院で処方されるお薬は、あくまで症状に対してそれを抑えるお薬です。
それらのお薬は、機能低下をおこした内臓の状態までは改善してくれません。
なので、アトピー性皮膚炎がなかなか改善していかないのです。
 

☆ ではなぜ、当院ではアトピー性皮膚炎に対応する事ができるのか?


整骨院KUでは、原因である内臓の機能低下を元に戻すことで、内臓の働きを正常に戻しアトピー性皮膚炎の症状を改善します。
 
すべての臓器が、過不足なく正常に働いている状態。
この状態に戻す作業を、整体を通じて行っていきます。
機能低下を起こした内臓の働きが正常に戻ってくれば、炎症を起こしていた皮膚も沈静化し、正常な状態へと戻っていきます。
 
 その結果、多くのアトピー性皮膚炎の方を改善に向かうお手伝いをさせて頂くこと
ができました。
 

数年間悩んできた娘のアトピー性皮膚炎が改善しました

神戸市垂水区在住  花奈さん 6歳

娘6歳のアトピーの治療で通っています。
週1回の通院で、肘、膝の皮膚の炎症が数ヶ月で少しずつ良くなってきました。
膵臓が弱っていたり、免疫が弱っている原因が白砂糖(あまいもの)のとりすぎだと教えていただいたり、生活改善のアドバイスもとても嬉しいです。
 
娘の治療のついでに母も体のメンテナンスをしていただいてますが、めまいや肩こりがびっくりするほど良くなり、体が軽くなるので困った時の駆け込み寺になっています。
いつもありがとうございます!

 
 
初見料 1,000 円(税込)
あなたの今の状況を細かくカウンセリングさせて頂き、原因と特定するための検査を初回に徹底して行います。
そのために初見料として初回のみ頂いております。
 

 

施術料5,000円(税込)
あなたの身体をやさしい整体で調整します。(おおよそ30 分)
 

病院の治療や他の治療院での施術との3つの違い

1.薬はできるだけ使わない方向へ施術します。

病院で処方されたお薬お使いだと思いますが、症状が治まってくれば使う必要はありません。どうしても症状がおさまらない場合、ガマンせずお使いいただければ良いと考えています。

 

2.ツボは刺激しますが、鍼やお灸は使いません。

当院は、鍼灸院ではないため鍼やお灸を使いません。ですので、鍼やお灸が苦手な方や小さなお子さん・赤ちゃんでも安心して施術を受けていただけます。

 

3.漢方をお使いの方もそのまま併用していただけます。

体質を改善していくので、漢方の効果を損ないません。漢方が合っていれば、相乗効果でより良くなっていきます。

 
 
初見料 1,000 円(税込)
あなたの今の状況を細かくカウンセリングさせて頂き、原因と特定するための検査を初回に徹底して行います。
そのために初見料として初回のみ頂いております。
 

 

施術料5,000円(税込)
あなたの身体をやさしい整体で調整します。(おおよそ30 分)
 

アトピー性皮膚炎に悩むあなたへ 
ご挨拶&プロフィール

 
院長 柴垣 有世(しばがき ありとし)
明治東洋医学院 柔整科卒業
柔道整復師(国家資格)

 
こんにちは。神戸元町整骨院KU院長の柴垣有世(しばがきありとし)です。
神戸元町整骨院KUは、病院や薬では良くならないアレルギー症状やアトピー性皮膚炎専門の整骨院です。

病院では、ステロイドと保湿剤を処方して終わり、というところが多いですよね。
でも、ステロイドでその場は楽になっても、また症状が出てきてしまう。
こんな毎日の繰り返し、どうにかしてって思いますよね。
そんな、アレルギー症状やアトピー性皮膚炎を「整体」で良くしていくのが神戸元町整骨院KUなんです。

簡単には良くなりませんが、あなたの一生で考えればあっという間です。

一緒に、青春を取戻し謳歌できるカラダにしませんか?

神戸元町整骨院KUの場所

神戸元町整骨院KU

神戸市中央区下山手通4-1-17 丸中ビル203


電車でお越しの方へ

JR元町、阪神元町駅、東口より北へ約3分。1階のお好み焼「サンスポー」さんが目印です。


車でお越しの方へ

阪神高速京橋ICを下車し、「京橋」交差点をそのまま直進し「京町筋」交差点を左折してください。
大丸前の「元町通1」交差点を山側に右折し、そのまま北へ直進、左手歩道にお好み焼「サンスポー」さんがみえたらそのビルの2階です。


アトピー性皮膚炎の方のためのコラム