神戸市中央区下山手通4-1-17丸中ビル203
ご予約・お問い合わせはこちら

営業時間:8:30〜20:30 休日:日曜・祝日

アトピー と 化粧 水

アトピーの人はどんな化粧水を使って保湿すればいい?

アトピーと日々戦い続けているあなたに。
今回は、化粧水というかお顔の保湿について。
アトピーの人で、お風呂上りに皮膚がバリバリになったりするなら、セラミド入りの化粧水や保湿剤にするとよいです。


☆  セラミド入りの化粧水や保湿剤で皮膚にセラミドを補充するべし!


アトピーの人の肌は、普通の人の肌とは少し違いがあります。
 それは、生まれつきセラミドの元となるフィラグリンを作る遺伝子に異常があるため、セラミドが上手く作れない事です。
皮膚にセラミドが産生されないため保湿ができず、カサカサと乾燥した状態になってしまいます。
このカサカサした状態は、よくないので保湿するんですが、その保湿をする際にセラミドが入っているものを使うということです。
 


☆ セラミド入りの化粧水や保湿剤を使う際の重要なポイント、3つ


 皮膚が赤い場合、保湿剤の使用は基本的にNGです。ステロイドを塗って炎症を抑えることからはじめてください。
 皮膚が赤いのは、炎症があるからで、炎症があるうちは保湿剤だけを塗っても良くなりません。
ですので、炎症がおさまるまでステロイドを使って下さい。
炎症が収まったら、セラミド入りの化粧水や保湿剤で保湿しましょう。
 
セラミドそのものが入っているわけではないですが、手に入りやすいのは、薬局で売っている馬油。人の肌に成分が近く吸収されやすいです。セラミドの産生を促してくれるのもありがたい所。
 
その他、セラミド入りの化粧水や保湿剤を選ぶとよいと思います。
 
ただ、アトピーは、アレルギーの一種なので、化粧水や保湿剤でも自分のアレルゲンが入ったものは、使わないでください。
特にパラベンやエタノールは、アレルゲンになりやすいので、セラミドが配合されていても、これらの刺激物質が入っているものは選ばないほうがよいです。
 


☆ まとめ


結論としては、馬油やセラミド入りの化粧水や保湿剤で皮膚にセラミドを補充するべし!
その結果、お風呂上りに皮膚がバリバリになったりするのが、しっとりしていい感じになってきます。
お顔の保湿には、馬油やセラミド入りの化粧水や保湿剤を選ぶようにしましょう。
ただし、アレルゲンだけには、気をつけてくださいね。
 
セラミドをたっぷり補給しつつ、当院の施術でアトピーの改善を目指してみませんか?

神戸元町整骨院KUの場所

神戸元町整骨院KU

神戸市中央区下山手通4-1-17 丸中ビル203


電車でお越しの方へ

JR元町、阪神元町駅、東口より北へ約3分。1階のお好み焼「サンスポー」さんが目印です。


車でお越しの方へ

阪神高速京橋ICを下車し、「京橋」交差点をそのまま直進し「京町筋」交差点を左折してください。
大丸前の「元町通1」交差点を山側に右折し、そのまま北へ直進、左手歩道にお好み焼「サンスポー」さんがみえたらそのビルの2階です。


アトピー性皮膚炎の方のためのコラム