神戸市中央区下山手通4-1-17丸中ビル203
ご予約・お問い合わせはこちら

営業時間:8:30〜20:30 休日:日曜・祝日

アトピー と シャンプー

アトピーの人はどんなシャンプーを使えばいい?

アトピーと日々戦い続けているあなたに。
今回は、アトピーの方で頭皮のフケやかゆみで困っている方のシャンプーの選び方について。これを読むと、アトピーの人がシャンプーを選ぶ基準がわかります。

 


☆  アトピーの人は、まずは、湯シャンから。


アトピーの人は、まずは、「湯シャン」から。
「湯シャン」とはお湯シャンプーの略でシャンプーを使わないでお湯だけで洗髪すること。
アトピーの人は、頭皮が炎症を起こして異常な状態にあるので、フケがたくさんでます。で、このフケが出るのでシャンプーできっちり洗って生活にすると余計にフケが出るという悪循環に陥ってしまうのです。
 なので、頭皮のアトピーがひどい場合は、まず湯シャンをすることで清潔に保ちながら、頭皮をあまり刺激せず、頭皮の回復を促すのが得策です。
 

 

☆  なぜシャンプーを使わないほうが良いのか?


それは、市販のシャンプーに使われている合成界面活性剤が、頭皮の炎症をさらに悪化させているから。
この、合成界面活性剤の洗浄力は、強力でアトピーの回復に必要なものまで洗い流してしまいます。
そうするとまた炎症がひどくなり、アトピーが悪化するということになってしまうからなんです。
 
 

☆  アトピーの人がシャンプーを選ぶポイントは?


では、アトピーの人がシャンプーを選ぶポイントはどこなのでしょうか?
まず、市販のシャンプーは、刺激が強すぎるので使わないことです。よくテレビでCMしているようなものがそれです。これらのシャンプーに含まれる合成界面活性剤は、普通の人には、ちょうどいいですが、アトピーの人には、洗浄力が強すぎるので使うとアトピーが悪化します。
頭皮の炎症がひどい人は、シャンプーに使われている原材料名を確認してどんな種類の合成界面活性剤が使われているかを見てください。
グルタミン系と呼ばれるココイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Naが原材料のところに書かれているものを選ぶと良いです。これらの合成界面活性剤は、皮膚への刺激が少ないので、シャンプーをしても頭皮を悪化させにくいものです。
症状が落ち着いてきたら今度はアラニン系と呼ばれるラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルアラニンNaが使われているシャンプーを選びましょう。グルタミン系のシャンプーより泡立ちがよく、洗っている感が高いシャンプーです。
 

 
☆  まずは、湯シャンで軽くがポイント


湯シャンを3日、頭皮がベタベタしてきたら、1回シャンプーをする、くらいの使い方で、様子を見てください。
これで症状が良くなってくるなら、いかに今までシャンプーをしすぎていたかがわかると思います。
 シャンプーを選ぶときは、まず原材料名を見て、どの合成界面活性剤が使われているかを調べてから買うと良いですよ。
 
いいシャンプーが選べたら、当院の施術でアトピーの改善させて、頭皮も良くしていきませんか?

神戸元町整骨院KUの場所

神戸元町整骨院KU

神戸市中央区下山手通4-1-17 丸中ビル203


電車でお越しの方へ

JR元町、阪神元町駅、東口より北へ約3分。1階のお好み焼「サンスポー」さんが目印です。


車でお越しの方へ

阪神高速京橋ICを下車し、「京橋」交差点をそのまま直進し「京町筋」交差点を左折してください。
大丸前の「元町通1」交差点を山側に右折し、そのまま北へ直進、左手歩道にお好み焼「サンスポー」さんがみえたらそのビルの2階です。


アトピー性皮膚炎の方のためのコラム